8回目の授業。

先週の実習は、ドリンク授業5時間半☆

まずは、ティーティスティングから。
c0119259_23223223.jpg

3種類ずつの紅茶を、3サイクル。
計9杯の紅茶を飲み比べました。

『世界三大銘茶』のティスティングテスト
ダージリン(インド)、ウバ(スリランカ)、キームン(中国)がどれにあたるか。
これは結構簡単。ダージリンはマスカットフレーバー、キームンは
オリエンタルフレーバー(和だしのような香りというか)、残りがウバということです。
(簡単とはいえ、三大紅茶だと知らされなければ全然わからずでした^^;)

他にも、フレーバーティ(茶葉に香りづけしたもの)や、

c0119259_2334475.jpg
ダージリンの収穫時期ごとの味比べをしました。
(最近良く耳にする?ファーストフラッシュ、セカンドフラッシュという分類のもの)


お次、ドリップコーヒー

ドリップは、簡単なようでいて、奥が深いのです。。。
前期の当初にならった授業~これまで
各自がお家でこつこつとコーヒーポットを回してきました。
その腕の見せ所な授業、というわけで。なんだかとても緊張~!
c0119259_2335119.jpg


そして、これはドリップ後の図。
真ん中が先生のものです。真ん中だけ、コーヒーの粉の壁が出来ているのがわかりますか?

外側の二つには壁がありませ~ん!
理由は、お湯をたくさん入れすぎたため。かつ、注ぐスピードが早い。
なので、厚いコーヒーの層がこんな風に残るのが、
上手に淹れられた目安のひとつになるんだそうです。
このほかにも、見るところは結構あるんですよ…

ハンドドリップ、極めるのは難しいなぁ。
もっともっとクルクル回して練習しよう!

ちなみにこのコーヒーは、この後
世界のコーヒーバリエーションメニューに
生まれ変わりました…♪

カフェ・スーア(ベトナム風にコンデンスミルク入り)
カフェ・マリアテレジア(オーストリア・オレンジリキュールとホイップクリーム)etc.....
[PR]

by calme_rie | 2008-12-16 23:43 | カフェの学校