憧れちゃうひと。

わたしは、カフェ好きです。

と、いうのも、
カフェに流れる空気を
きもちよく感じるから。

例えばレストランは、おいしいものを食べるところ。
例えば呑み屋さんは、たのしくお酒をのむところ。

カフェはといえば。
「まったり」だったり、「おしゃべり」だったり。
空間を愉しむところ だとおもうのです。
そして、コーヒーの香りが漂うところ。

ただ、それまでは、
なんとなく、すき。  っていう程度。
山村さんを知るまでは。

山村光春さん。
眺めのいいカフェなど、の著者で、カフェや雑貨のカテゴリを中心に
フリーで ライターや編集をしているかた。

大げさでなく、カフェの奥深さを、世に伝えているひとです。
わたしは そう思っています。

このひとが、カフェのイスに座ってみている光景は
とってもあたたかな、さわやかなフィルターを通っていて
(めがねに秘密あり?笑)

彼のつづった、カフェのお話をよむと、
もう、ほんとうに ゆる~い、気持ちい~い、感じになれるんです。
プラス、そのカフェの強いこだわりや、
背景など、も きちんと。おさえています。

まだまだこの方に関して、知らないことだらけですが
ともかく、「あったかさ」と、「ゆるさ」に
いつもやられてしまう、だいすきな人です。

先日。な~んと。
山村さんと 直接、関わるチャンスが舞い降りてきました。
わたしは前述の、「眺めのいいカフェ」への想いをつたえ、
それに対して、

「メッセージ、ほんとうにうれしくて、  ひゃっほう!と椅子から飛び上がりたいほどでした。 」

…とのお返事をいただきました。感動です。ほんまに
ウェブを介してのコミュニケーションではあったけど
やっぱり、とてもあたたかな、やさしい言葉を使う方で、
あらため、あらため、大好きになりました。


そして、「カフェがすき」も、改めて痛感。
コーヒー好きにも拍車。

山村さんの、足跡をたどるように
いろんなカフェを旅していきたいな~。

それが、わたしの楽しみのひとつ。


↓ 日々、欠かさずチェック。わたしの知る限り、あたらしい動きをしれる唯一のところ。
アフターヌーンティのアーティストエッセイ

↓ 連載は終了してしまった模様。でも面白いから、愛読。
エキサイト・カフェ案内
[PR]

by calme_rie | 2007-05-10 22:41 | 日記