人気ブログランキング |

2008年 08月 01日 ( 1 )

アイスコーヒーと日本の関係。

こんばんは。
ここ最近、予定が立て込んでいたので
少し時間が空いてしまいました~、3日ぶりの更新です。

すっかり夏真っ盛り、今日から8月です。
こう暑いと冷たい飲み物が欠かせません。
そ・こ・でっ、こんかいはアイスコーヒーのお話です。

アイスコーヒーといえば、日本ではすっかりおなじみですが
実は、世界的にはほとんど飲まれていないものなんだそうです。
コーヒーの本場ヨーロッパ諸国や、豆の原産国ブラジルなどにとって
コーヒー=「熱いもの」で、冷やす文化はないんだとか。
(へぇ~)

日本では緑茶とか、紅茶とか、
色んな飲み物を、「ホット・アイス」と分けて飲みますよね。
それは日本ならではの文化だったようです。(知らなかった!)
当たり前のようでいて、当たり前ではなかったんですよ~☆

そして、アイスorホットによって
コーヒーのロースト(焙煎)度合いを変えるのも日本だけ。
ホット用のコーヒーを冷やして飲んでみるとわかりますが
味が薄く感じて、ちょっと酸味も立ちます。
人間の舌のメカニズムが関係してくる…
つまり、「おいしくな~い.....(*3*)」

そこで、
焙煎を深くすると、冷やしてもコクと深みを感じるあの味になる!
というわけ。考えられてますねぇ…

日本人は味にうるさい(敏感)民族なのかも。
コーヒーを飲むとき、ちょっと氷を入れてみてくださいな(^_^)

by calme_rie | 2008-08-01 21:37 | カフェの学校