出雲のたび5 ~縁結び~

やって来ました。
c0119259_20152043.jpg


旅の最終目的地・出雲大社です!
c0119259_21565682.jpg

大きな大きな松の下、石畳の下り坂。
c0119259_21582811.jpg

石畳を通り抜けたら、
c0119259_2157669.jpg

長い砂利路。じゃりじゃりすすむ。
c0119259_20152112.jpg

手水舎(てみずしゃ)に到着。
口をすすいで、手を清めて。
c0119259_21573033.jpg

「御仮殿」
御本殿は、ただいま修理中のため、こちらでお参り。
本殿は、1744年の建立から
4度目の修理中だそうです。
(平成25年まではこちらでの参拝となるそうです。)
たっぷりと思いを込め、おいのり。。
出雲大社は「二礼、四拍手、一礼」
決まりに倣って、住所と名前を告げて。。。(おもしろいですね♪)
c0119259_21574133.jpg

(御仮殿の奥に、本殿がちらっとみえます。いつかまた参拝いたします。。!)
c0119259_20152271.jpg

おみくじをひいてみました。
びっくりするほど、素敵な結果が…♪今後が楽しみです。。!

お次は、「出雲大社といえば。」
c0119259_21575353.jpg

こちら?

c0119259_2158569.jpg

この堂々たる姿。
しめ縄。これですよね。
こちらは「神楽殿」です。

c0119259_20152252.jpg

下から見上げたところ。両手を広げても足りないくらいの太さ。
ずっと前から知っていたけど、いざ本物を見て感動しました。

胸がしんとしずまりかえる感じ。

c0119259_20152337.jpg

名残惜しいなぁと思いながら、帰り方向に歩いているとき
今から向かおうとするツアーのガイドさんが
神楽殿の入口にある鳥居に触るといいことがある、とツアーの皆さんが触っていました。
私もすかさず仲間入りしておきました。^ - ^

c0119259_21581547.jpg

「因幡の白兎」(いなばのしろうさぎ)の像

c0119259_2015266.jpg

お守りをかって。

c0119259_21584187.jpg

この旅も終了です。

c0119259_20152692.jpg

最後に、出雲発祥の「ぜんざい」をいただきました。

c0119259_20152560.jpg

落ち着いた1泊二日のたび。どうもありがとうございました。

長々とお読みいただきありがとうございます^^
皆様も是非、出雲・松江へ・・・♪
[PR]

by calme_rie | 2012-10-02 22:40 | たび

出雲のたび3 ~松江市~

境港をでて、
今度は航路連絡バスという路線に乗って、
40分の道のり。

島根県松江市に到着です。
c0119259_0461497.jpg

松江駅前は駅ビルに、アパレルショップが多く入ったショッピングモール、開けたロータリーがあったりと人通りも増え賑やかな雰囲気です。
(写真は駅を背中に撮ったから伝わりづらいかも。)

c0119259_0461324.jpg

そのロータリーから出発する、「松江レイクライン」 というレトロな風貌のバスに乗って、市内観光♪
乗り放題で500円は安い♪

しかしこの大きなバスの運転手さんは、何と若くて美しい女性…びっくりでした♪
(三回乗りましたが全員女性でした!)

この後は松江城のお堀をぐるっとお散歩しました。
c0119259_13381643.jpg

塩見縄手

c0119259_13384582.jpg

お堀沿いには武家屋敷が立ち並ぶ。こちらは武家屋敷風のお茶屋さん。
c0119259_13395313.jpg

「ぐるっと松江 堀川めぐり」遊覧船。

c0119259_13423457.jpg

松江名物?「ぼてぼて茶」
泡立てたほうじ茶に、7種類のおかずをいれて飲む
お茶漬けのような飲み物。不思議な味~

c0119259_13445710.jpg

小泉八雲記念館に行きました。
『雪女』 『耳なしほういち』のお話を書いた人。
ギリシャ人の母と、アイルランド人の父の間に生まれたハーフで、松江をこよなく愛したそう。
明治23年の日本を生きたひとです。

途中、食べログでちゃっかり調べたお蕎麦やさんを発見。
4時だったので迷ったけど、お邪魔しました(^。^)
c0119259_13363514.jpg

神代そばさん。とりそば950円。
かみごたえのあるシッカリ麺。
喉越しではなく、噛みしめておいしいタイプ。
濃ゆいおつゆを上からかけるのが、こちらの食べ方なのだとか。
甘辛に煮た鶏が柔らかくてすごく美味しかった。

少し冷えた体に、熱々の蕎麦湯を頂いて
ほっこり和みました。
c0119259_13594678.jpg

…この後は、レイクラインに乗ってお宿へ戻りました~。
満足な一日。
[PR]

by calme_rie | 2012-09-26 00:35 | たび

出雲のたび2 〜境港~

寝台特急で、到着は米子駅。
ここから、境線に乗って、鬼太郎の生みの親・水木しげるさんの故郷へ。
c0119259_1463896.jpg


鬼太郎バージョンの電車にのれてラッキー♪
(他にも、三種類。目玉の親父・猫娘・ねずみ男あり!)
c0119259_1463915.jpg

鬼太郎電車の中↑

そして、約一時間揺られ
c0119259_1464028.jpg



境港駅に到着。
c0119259_13271810.jpg


水木しげるロードは、人はまばら…
閉店中のお店もあって、少し寂しい雰囲気でした。ヽ(´o`;
でも鬼太郎ファンの方は、ロード内に点在する妖怪の銅像達を余すとこなく撮影・鑑賞できる平日の方が有難いんじゃないかな?
c0119259_1327784.jpg

(このパンは全部味がちがうんですよ!)

とにかく至るところに妖怪や、鬼太郎や目玉の親父が色んな形でいるわけです。
c0119259_13274928.jpg

小腹が空いて、人形焼をぱくつきました♪
c0119259_1327407.jpg

焼きたてはムッチリ美味しかった♪
c0119259_1464277.jpg

一反木綿の椅子。
c0119259_13272968.jpg

(なかなか座り心地が良さそう^^)

そんなわけで

次に向かう目的地は、宿がある松江市です。
[PR]

by calme_rie | 2012-09-20 12:05 | たび

出雲のたび ~寝台特急~

久しぶりのひとり旅から戻りました。
行は、初めての寝台特急、サンライズ出雲。

c0119259_2318776.jpg


1人で乗るにはもったいないくらい、
いいです。興奮気味に写真をとるとる。
c0119259_2318920.jpg


22時に走り出して随分たった夜中、
岡山を境に、瀬戸行きと出雲行きとに車両が分断されました。
一足先に訪れた友だち曰く、その瞬間は鉄道好きにはたまらないのだとか…(o^^o)

それにしても、かなりワクワクな空間だったので、その喜びを分かち合いたくなって、
さっそく1人旅の切なさを感じてました…(笑)

寝ているあいだに、ずんどこずんどこ。
西へ、西へ。。。
[PR]

by calme_rie | 2012-09-19 23:04 | たび